賃貸物件を借りるときの基本

Pocket

 一人暮らしを始める時、まず住む部屋を探しますよね。
だいたいの方は賃貸のマンションやアパートを借りると思いますが、いきなり不動産会社に行っても基礎を理解していないとアタフタしてしまいそうです。
一般的な賃貸物件の契約で必要なものや契約までの流れは、一度経験しないと見当も付かないはずです。それでは、その契約までの流れや必要なものを確認していきましょう。

◆賃貸物件の探し方
➀希望や条件を洗い出す
 物件を決めるに当たっては、出来るだけハッキリと自分の希望条件を考えておき、特別な希望条件(ペット飼育可、駐車場有など)がある場合はあらかじめ不動産業者に伝えておきましょう。
➁希望はハッキリ伝える
 漠然とした希望では不動産業者の担当者も納得する結論が出せません。ある程度ポイントを絞ってハッキリ伝えましょう。

◆入居申し込みについて
➀希望の物件が決まったら
 入居申し込みを行いましょう。まず、入居申込書の記入を行います。つぎに貸主や不動産会社が入居審査を行います。連帯保証人に関することを記入することになりまので、予め了解をもらうようにしましょう。
➁入居申込書の記入項目について
 氏名/住所/年齢/生年月日/電話番号/勤務先名/勤務先住所/勤続年数/
年収/勤務先電話番号
また、連帯保証人も同様の項目を求められます。
➂身分証明を用意する
 運転免許証、パスポート、保険証などを用意しておきましょう。

◆入居審査を理解しよう
➀貸して安心か
 物件を借りるには貸主が安心できる方であることが求められます。
家賃を遅滞無く支払ってくれること。建物を大切に使ってくれるかどうか。
➁近隣に不安を与えないこと
 刺青、タトゥが入ってないことや、違法行為を犯さないと予想される方など。
➂連帯保証人はどうなるのか
 入居審査のときに連帯保証人の確認を求められることがあります。連帯保証人は身内であるかどうか、親族でないときは敬遠されます。また、最近では保証会社もあり利用されています。
◆賃貸契約するときに必要な物
入居審査を無事に終えますと、契約に向けての確認書類を入居者は用意しなければなりません。
➀住民票
 住民票の原本は役所、役場に平日行ってとれます。
➁身分証明
 入居申し込み時に提出していますが、契約時にも再び求められることもあります。
➂印鑑
 契約書には捺印が必要ですので印鑑を用意しましょう。このときの印鑑はシャチハタではいけません。賃貸物件の契約では認印でいいです。
➃連帯保証人には
 ・実印と印鑑証明書
役所、役場に印鑑登録してある証明書を提出しましょう。
 ・収入証明
源泉徴収票など公的な収入を確認できる書類

◆賃貸の初期費用
前家賃、敷金礼金、仲介手数料、火災保険、鍵交換費用などを合計したものが、初期費用となります。
➀前家賃
 家賃を1ヶ月前には支払うことを言います。また、契約した日がその月の途中であった場合は日割り計算をしたものに翌月の1ヶ月分を合計した家賃を前もって支払います。
➁敷金
 主に家賃など滞った場合の補填や退去時の原状回復による修理費にあてられます。残金は入居者に返ってきます。
➂礼金
 戦後に住宅不足のおり入居者が感謝の意を表したもので、今も慣習となっているものですが、現在では礼金なしの物件もあります。
➃仲介手数料とは
 不動産取引において宅地建物取引業の免許をもった者が、賃貸の物件を契約まで済ませたときの成功報酬です。
➄火災保険とは
 入居者が火災を起し大家さんに損害を与えてしまったときに備えて、不動産業者または保険業者は火災保険の「借家人賠償責任補償(特約)」付きの契約を勧めます。
➅鍵交換費用とは
 新しく入居される前に鍵の交換を不動産業者が行ないます。これは盗難などトラブルを未然に防ぐ為の費用です。

賃貸物件を借りるにも、知らないことは多いものです。
どんなことにも言えることですが、まずは自分の希望を明確にして、相手にハッキリ伝えることが失敗しないための秘訣です。