水回りの使い勝手は掃除の手間にかかわる!

Pocket

私たちが快適に生活するために、日常たくさんの水を使っていると思います。朝の洗顔、歯磨き、昼は洗濯、夜はお風呂、しいては三度の食事も水は使います。
そんな大切な水を使う水回りに問題が起こったら、生活はとても不便になりますよね。
賃貸物件を探すとき、水回りのチェックはとても大切なこと。そこで今回は、キッチン、風呂場・洗面所、トイレに分けて注意点を確認していきたいと思います。

◆キッチンの注意点
キッチンはシンクの下が要チェックポイントです。
 ➀配水管に繋がるホースの耐久性チェック
  力を入れずに下へ引っ張ってみて、抜けそうなほど不安定な場合や、ホース自体が蛇腹状になっているものは注意が必要です。
 ➁収納スペースの汚れや臭いをチェック
  水浸しになっていないか、汚水臭などがしていないかチェックします。
 ➂水圧のチェック
  水を出して、水圧は弱くないか、水の色が濁っていないかチェックします。

◆風呂場・洗面所の注意点
風呂場のチェックは、以下の2項目を重点にチェックを行いましょう。
 ➀浴室タイルのひび割れやコーキング補修の跡
  浴室内の老朽化についてのチェックになります。
 ➁水を流した時の排水状態
  スムーズに排水されず排水口に滞るようなら、すぐに不動産会社に連絡しましょう。
洗面所は、黒ずみや蛇口周りの水垢など、キレイに掃除されているのかを見て下さい。
また、歯ブラシを置くスペースなど、使い勝手もチェックしましょう。

◆トイレの注意点
トイレのチェックは風呂場と同様、2項目を重点にチェックしましょう。
 ➀給水管
  トイレの奥に水を通すための給水管というものがあります。ここから水漏れをしていないかどうかの確認を行いましょう。
 ➁水を流した時の排水状態
  水を流した時の排水の勢いを確認します。
特に、水が流れっぱなしにならないか注意しましょう。

簡単な注意点を見てきましたが、まず、実際に水を流すことは重要なチェックポイントです。気になる場合は、遠慮せず不動産会社に聞いてみましょう。