見落としていませんか?収納力

Pocket

賃貸物件選びの大切なポイントのひとつ、収納について考えてみましょう!間取りなどで決めていても収納のことを見落としてしまうと、後々大変な事に。収納のチェックポイントや気を付けたいポイントなど、ご紹介します。

◆この物件に収納できる?!
①備え付けの収納チェックポイント
 各々の収納部分の奥行きや高さを確認しましょう。また、収納したいものがそこに収まるかどうか、確認しましょう。
・玄関の下駄箱は据付ですか?
・押入れは布団が納まるサイズですか?天袋はありますか?

②台所の収納チェックポイント
・上部の収納はありますか?
・流し下等の収納はできますか?
・大きいもの重い物を置くことは出来ますか?
・棚等使い勝手はいかがですか?
・あなたにとって高さは合ってますか?(流し台の高さも含みます。)

◆収納が十分でない場合
①気に入った部屋なのに収納が十分でない場合
 収納が少ないときはタンスや棚を置くスペースがあるかどうか確認しておきましょう。
 押入れにはコンクリート造り等の場合は梁や柱がスペースの一部を占めている場合があります。戸を開けて確認しましょう。

②収納の扉
 収納の扉をすべて点検しましょう。
・キッチン下の収納の扉の開け閉めはスムーズか?
・錆付きはありませんか?
・クローゼットの扉はどれを開け閉めしても何かに当たったり十分に開かないことはありませんか?

◆収納スペースのカビについて
①カビに気を付けましょう!
 下駄箱、クローゼット、押入れ、流し台、洗面台などに薄っすらと白いものがありませんか?恐らくそれはカビです。そういった物件はお勧めできません。

②カビの形跡はありませんか?
 収納部分の臭いや湿気を調べましょう。シミはありませんか?以前カビがあった形跡があれば要注意です。

以上、賃貸物件の収納について気をつけるべき点、チェックポイントについてご紹介しましたが、その物件に暮らすことをイメージしながらチェックしていくのが大切です。見た目だけではなく、暮らしやすさが一番のポイントなのです。