思ったより大事!日当たりと風通し

Pocket

 住まいを借りようとするとき、よりよい暮らしを求めていろいろ悩んでしまうものですよね。何に基準をおくか、また色々な要素の中で何を重要視するかは人によって違ってくるものです。あなた自身のライフスタイルをよく見つめて、健康的に過ごすにはどのようなポイントに気をつけるべきかはっきりさせましょう。

◆賃貸物件の見分け方は?
①良く眠れること
 安心できること、気持ちよく眠れること、そんな住まいは当たり前のようで物件によっては当たり前でないもの。あなたのライフサイクルは夜に眠るタイプ、日中に眠るタイプ、昼夜関係なく働くタイプでしょうか?それぞれによって物件がかわってきます。

②注意してないと、カビが生える
 いろいろな原因で湿気が出てきます。建築の材料によって起こること、太陽の軌道により起きること、気象の変化によって起きることなどがあります。この問題を解決するには一番大切なのは通気を良くすること。窓や扉を開けて風通しはどうでしょう?周囲を建物に塞がれていないか、確認しましょう。

③日当りはなぜ南向きがオススメなのか?
 これは日本の風土によるもので高温多湿な我が国では、南向きは日中を通して日が当たるので湿気は少なくなり室内は明るくなります。また、冬は暖かく快適に過ごせます。

◆理想通りには行かない!
①物件は残念ながら全てが南向きではありません。
 では、どうすればいいのでしょう。例えば西向きの部屋だとします。問題となるのは夏です。日差しが当たるので暑いのが問題ですが、日差しを遮る工夫をすれば凌げます。

②例えば南向きの部屋をゲットできたとしましょう。
 情報誌や不動産屋さんでの間取りだけで契約したとします。南の窓を開けたら建物があった場合、残念なことに日当りがよいとは言えません。このように周辺の環境の確認を怠らないように気を付けましょう。

 いかがでしたか?物件の選択には焦らず人任せにしないで、よくご自分の目で確かめた上でご契約されることをお勧めします。良い物件に出会われますように!